2019年06月12日

たかがイメージ、されどイメージ、チラシ作製と著作権を守る大切さのこと

2019612.jpg
こんにちは
今日もOPENしております、アイキャリアビジョン行橋です。

今日の午後は、パソコンJOBサポートとして、
手作り講座を開催される受講生様の、生徒募集のチラシ作りのお手伝いの予定です。
ご自身でもお使いのソフトに付属のテンプレートを使って、とてもかわいいチラシを作られていて、
そのままでも十分素敵だったんですが、どうしてもいまひとつ納得いかないわ、ということでしたので、
アイキャリアビジョンの教室「万葉塾」まで来ていただいて、こだわりの詰まった素敵なチラシぴかぴか(新しい)を目指して一緒に作っています♡ 可愛い作品の為の可愛いチラシのお手伝いなので、私達もとても楽しみながらさせていただいています。
chirasi.jpg


手作り講座の生徒さん募集のチラシですので
今回の重要なことは大きく分けで二つです。

★作品のイメージを大切にし、それが伝わるチラシデザインにすること
パッと見が良いチラシが出来上がっても、それが教室や作品の雰囲気と違っていては意味がありません。
キュートで華やかな作品を作る講座の生徒さん募集に、モノトーンで、シックでカッコイイ「男前」系のチラシを作っても、それがチラシとしてどんなにカッコよくて素敵に見えたとしても、
講座で作るはずの"キュートで華やかなもの"が好きな方に興味を持って手に取っていただけなければ、
それはチラシとしての効果がなくなってしまいますよね。

どんな作品が出来上がるのか、どんなものが好きな人に来ていただきたいのか、
チラシに載せる小さな写真では伝わり切れない雰囲気を、
チラシ全体のデザインで表していきます。

★著作権を大切ににすること
今は、ネットの中にたくさんの無料の素材(イラストや写真など)があって、
「これもかわいい♪」「あっちも素敵♪」と、選んでいるだけで楽しいですね。
しかし、ネット上にたくさんある素敵な素材を使う上で、今回は気をつけなければならないことがあります。
それが「著作権」
ネット上に公開されている素材は「商用フリー」の素材と「商用利用不可」の素材があります。
多くの素材は、個人のブログなどに使うには無料だけど、商用はお断り、となっています。
商用お断りかどうかは「利用規約」のページをしっかり読まないとわからないことがありますし、
お断りとなっているだけで、ダウンロードは自由にできたりすることも多いので、
つい「ちょっとくらいならつかってもよくない?」という気になってしまいそうです。
が!実は
良くない!”のです。

理由の一つは、
無料で素材を公開して下さってる方も、その素材を作るにはたくさんの時間や手間、努力、道具など、様々なものを投資して、一つの作品を作り上げています。
その作り手への敬意とマナーとして、利用規約を必ず読み、そして守る!ことが大切だということ。

もう一つの理由は、
“ちょっとくらい良くない?”という安易な判断がもたらす、貴方の会社へのイメージの問題です。
利用規約をまもらず、商用不可のものを勝手に使ってしまうような会社、というイメージは、間違いなくマイナスですよね。
パッと見てもわからないのでは?と思うかもしれませんが、
でも、もし問い合わせがあったら?
もし、その素材が商用不可であることを知っている人がそのチラシを見たら?
あなたの会社がどんなにすばらしいものを社会に提供していても、その“ちょっとくらい良くない?”のせいで、会社イメージを落としてしまうかもしれません。

ウェブ上の素材を使いなれている人は、巷にあるチラシやHPをみて、「あ、これはあのサイトのものだな」とか「あ、あのソフトの付属の素材だな」とか、実はすぐわかるのです。

なので、今回のチラシ作りにも、商用でもフリーで利用可のサイトのご紹介と、もちろん、利用にいくつかの条件がありますので、その利用方法のご案内もしています。

アイキャリアビジョン行橋では、こんな風に「パソコンを教える」のその先にある、
「パソコンを使ってやりたいこと」のお手伝いやアドバイスをする“パソコンJOBサポート”があります。
お気軽にお問合せ下さいね。

posted by ぽん at 11:05| Comment(0) | 日記

2019年06月05日

いつでも寄ってください

アイキャリアビジョン行橋では、アイキャリアビジョン教室(万葉塾)の他に、講師派遣もしていますので、せっかくおいでいただいても教室がしまっている(すみませんあせあせ(飛び散る汗))なんてこともあります。

そこで「今日は講師が居ます!」ということが一目でわかるように、オープンサインをかけてみました。晴れ
このサインが出ているときは、講師の誰かが居ますので、お気軽にお声をおかけくださいね。
S__123887650.jpg

お茶でも飲みながら、今のあなたについてお聞かせください。

アイキャリアビジョン行橋には、さまざまな講師が在籍しています。

ちょっと一歩を踏み出したいあなたを応援したい講師。
息が詰まりそうなとき、あなたの気持ちによりそうカウンセラー。
今の生活を、ちょっと素敵に気持ちよくしたいあなたの力になりたい。
そんな思いでできた場所、それがアイキャリアビジョン行橋です。
posted by ぽん at 11:42| Comment(0) | 日記

2015年12月21日

自分を【曝す】効果

人間は嫌なこと不安なことがあるとできるだけそれを避けようとする行動を起こします。
これを回避行動というそうです。
例えば「自動車の運転は出来るけれど高速道路を走るのは不安だから、時間が掛かっても一般道で行こう。」
と考えて、それを続けていると、いつまでたっても高速道路で運転できるようにならない。思い当たる方もいるでしょうか。
高速道路の運転が出来なくても、それで生活に支障がないなら、別に問題はないのですが
問題となるのは、【不安症】など、本人自身が生活を送るうえでこのままでは困るとか、
この症状を自分はぜひ克服したいと思う場合です。
「しなければならない!」とか「自分はなぜできないのだろう?!」という思いだけでは、負のスパイラルに陥りがちです。
そうならないために有効なのがエクスポージャーという手法です。
これは日本語で言うと、【曝す】という意味になります。
「嫌だな」「不安だな」と思う状況に少しの間さらされてみるということなんです。
といっても、水恐怖症の人をいきなりプールに落とすなどということではありません。
「まず、プールのそばまで行ってみましょう。」「次に水に手をつけてみましょう」「できたら足をつけてみましょう」
という風に段階を追ってその状況に慣れていくわけです。
そのうちに、「泳げている人はどうやっておよいでいるんだろうか?」
と自分から泳いでいる人を観察するという行動を起こせるようになればしめたもの。
この、【観察する】という行動ができるようになると、
「嫌だな」「不安だ」という感覚と結びついてしまってい【泳ぐ】という行為を、
身体の感覚と切り離して、客観的に見ることができるようになるようです。

大切なことは、本人が、「水恐怖を克服して泳げるようになりたい。」
という希望を持っていて、「この方法を試してみよう」と思えているということです。

実は私もこの頃、少しだけ【人間恐怖症】のような症状がありました。仕事のない日は人込みの中に行くことが億劫になり、職場以外の人に会う機会があっても、なんだか話しかけることも面倒になっている自分に気が付いたのです。
これは、あぶない。基本的に「人」相手の仕事ですので、これは生活を送るうえでとても困る状況です。
そこで、休みの日でも積極的に外出したり、買い物をするときにはお店の人に話しかけたりしてみようかなと思っているところです。
「嫌だな」「不安だな」の感覚に自分で自分を【曝す】ということを、ちょっとずつしてみようと思います。回避行動の負のスパイラルに陥らないように。
そして、もしその過程で神経が高ぶりすぎたなら、ストレスを上手にメンテナンスしながら、もう一度前の段階からはじめて、次の段階へ行ければいいなと思っているのです。
posted by ぽん at 11:59| Comment(0) | 日記